Skip
10月28日-30日 東京ビッグサイト南展示棟 10:00 – 18:00 (最終日は 17:00まで) 出展のご案内

アジアの中心 東京に、心動かすデザインが集い
半年先のライフスタイルマーケットを共創する場

2020年10月28日(水) - 30日(金)東京ビッグサイトにて開催
東京国際家具見本市(IFFT)を前身とするIFFT/ インテリア ライフスタイル リビング。日本各地の家具産地をはじめ、テーブルウェア、デザイン雑貨、生活用品など、空間全体を構成する商材をもつ400を超える出展者が集まることから、小売はもちろん、設計・建築関係、デザイナー、ホテル、レストランなどの来場者が多いことが特長です。

both ai and tanijiri

見本市ディレクター
SUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd.
代表取締役
谷尻 誠/吉田 愛
www.suppose.jp

SUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd.
谷尻誠氏、吉田愛氏が率いる建築設計事務所。
広島・東京の2カ所を拠点とし、住宅、商業空間、会場構成、ランドスケープ、プロダクト、インスタレーションなど、国内外で幅広い分野のプロジェクトを多数手がける。
近年の代表作に「hotel koe tokyo」「関東マツダ 目黒碑文谷店」などがある。

NEWS

メッセフランクフルト ジャパン株式会社では、新型コロナウイルスに対し厚生労働省発表の『新型コロナウイルス感染症対策の基本方針』などを踏まえつつ、皆様とスタッフの健康と安全を最優先させていただきながら営業をしております。

当面の間、下記の通り営業時間を短縮して営業いたします。なお、国や東京都より外出自粛に関わる更なる要請等があった際には、急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。

==========================================

営業時間:10:00-16:00(時短営業)

お問合せはこちらから

==========================================

IFFTだからこそできること

コントラクトビジネスの場
日本各地の家具産地からの出展をはじめとした、空間全体に関わる商材が結集するため、設計・建築関係やデザイナーなどのコントラクトに関わる来場者が一堂に会する貴重な場となります。新しい働き方を提案する新企画や素材・技術にフォーカスしたゾーン「Creative Resource」、コントラクトビジネスをアピールするブース共通サインなどがコントラクトビジネスを繋げます。

来春に向けた商談
来春・新生活に向けてインテリアショップや専門店、百貨店などのバイヤーが数多く来場します。多くの国内外のバイヤーたちに向けて自社の新作を提案し、新規開拓や既存顧客とのパイプ作りのための貴重な商談の場となります。

デザイン感度の高い人々や業界メディアとの出会い
来場者、出展者ともにデザインへの感度が高く、商品の背景や品質に関心の高いプロフェッショナルが集います。また、テレビ、ラジオ、新聞、WEBマガジンなど様々なチャネルの業界メディアも取材に訪れます。単なる「モノ」の売り買いだけではなく、来場者やメディアにブランドストーリーや作り手の想いを伝える場を一緒に作りましょう。

>>出展の詳細についてはこちらから。

Text Media

≪来場者数≫
11月20日(水)-22日(金)
3日間来場者数合計:16,005名

※来場者数:同一来場者の3日間来場=3名としてカウントしています。

※速報値のため最終数は精査後に発表予定

≪出展者数≫
352社 (14か国 国内:259/海外:93)
※共同出展者を含みます。

終了報告書はこちらから

働き方改革:オフィスの正解、不正解

LP_Yokoishi_800x616pix

働き方改革時代の、新しいオフィス作りとは?
働き方改革って、実際に何をどう改革すればいいのでしょうか?

多くの企業にとって重要な経営課題となっている「働き方改革」について、国内最大規模の働き方の祭典「TOKYO WORK DESIGN WEEK」主宰の横石崇さんにお話をうかがいました。

インタビュー記事はこちらから

11月21日(木)14:30-15:30からは「Work place × Work style~僕らの考える新しい「仕事場」~」と題し、
SUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd.  代表取締役 谷尻誠氏・吉田愛氏とのトークショーも開催。ぜひお見逃しなく!

2019年 会場風景

IFFT/インテリア ライフスタイル リビングについて

出展について

ご出展に関する各種情報はこちらから

詳細

来場について

ご来場関する各種情報はこちらから

詳細

プレスの方へ

本見本市に関するプレスリリースや最新情報はこちらから

詳細