Skip
All press releases

新型コロナウイルス感染拡大に伴い開催中止

2020/08/27

「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」2020年10月開催を断念

一般社団法人日本家具産業振興会(会長:岡田贊三)とメッセフランクフルト ジャパン株式会社(代表取締役社長:梶原靖志)は、インテリア・デザインの国際見本市「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」の開催中止を発表しました。本見本市は2020年10月28日(水)-30日(金)の3日間、東京ビッグサイト南展示棟での開催を予定しており、出展や来場を予定している方々の期待に応えるべく、また、業界全体の活性化のためにも開催に向けた新型コロナウイルス感染症対策の準備を進めていました。

しかしながら、東京を中心に感染者数が再び大幅に増加していること、また日本政府の大規模イベント開催制限の緩和が延期される中、出展者や来場者だけでなくイベントに関わる全ての関係者の健康、安全を優先するため断腸の思いで断念しました。

東京国際家具見本市(IFFT)を前身とする「IFFT/ インテリア ライフスタイル リビング」は、日本各地の家具産地をはじめ、デザイン雑貨や生活用品など空間全体を構成する商材が集まる見本市です。昨年は14カ国・地域から352社(国内:259社 海外:93社)が出展し、16,016名(34カ国・地域)の来場者が訪れました。

なお、2021年春に開催する姉妹見本市「インテリア ライフスタイル」は予定通り開催準備を進めています。


■出展・来場に関するお申込み・お問合せ先
IFFT/インテリア ライフスタイル リビング事務局
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-3-2 曙杉館7F
Tel. 03-3262-8443  Fax. 03-3262-8442
info@ifft-interiorlifestyleliving.com

■報道関係者からのお問合せ先
プレス担当:加来/柏木
Tel. 03-3262-8453 / Fax. 03-3262-8442
press@japan.messefrankfurt.com
www.jp.messefrankfurt.com


メッセフランクフルトについて
メッセフランクフルトは、自社で国際見本市会場を保有し、年間売上高約7億3,600万ユーロを誇る、世界でも有数の見本市主催会社です。世界中に29の拠点を持ち、全体で約2,600人の従業員が働くメッセフランクフルトは、グループのネットワークを活かして各国間で連携を取りながら、見本市&イベント、地域性、サービスの3つの枠組みで、各地であらゆる産業界を牽引する見本市を開催しています。見本市運営だけでなく、デジタル事業にも注力しているほか、会場の貸出から、施工、マーケティング、スタッフサービスやケータリングまで、多角的に顧客企業のビジネスをサポートしています。メッセフランクフルトは、ドイツ・フランクフルトに本社を置き、同社株の60%をフランクフルト市、40%をヘッセン州が保有しています。
より詳細な情報は公式ウェブサイトをご覧ください。www.messefrankfurt.com