Skip
All press releases

働き方改革やアップサイクルなど、気付きのある商談の場へ

2019/11/29

『IFFT/インテリア ライフスタイル リビング』2019が閉幕

2019年11月20日(水)から3日間開催された『IFFT/インテリア ライフスタイル リビング』(主催:一般社団法人日本家具産業振興会 会長:加藤知成、メッセフランクフルト ジャパン株式会社 代表取締役社長:梶原靖志)が大盛況の内に閉幕しました。2018年とほぼ同規模の南ホールで初開催となった2019年は、14カ国・地域から352社(日本259社、海外93社)が出展し、世界各国から16,016名が来場しました。コントラクト向けの商談に注力している本見本市では、家具産地のパビリオンや素材に特化したゾーンに足を運ぶ来場者も多く、「実際に新商品を見て、触って確認できるチャンスなので来ました」「従来とは違う使い方や見たことのないパーツなどがあるので、良質なインプットの場だと感じています」とコメントをいただきました。

IFFT-3j
左:連日立ち見が続いたトークショー「LIFESTYLE SALON 2019」、右:特別企画「Office-Up」で配置された各社のオフィスチェア

目玉である特別企画「Office-Up」では、中央に大きく配置されたテーブルを取り囲む色とりどりのオフィスチェアに腰をかけ、商談やコーヒーブレイクをする来場者の姿で溢れました。本見本市の新ディレクターを務めた谷尻誠氏と吉田愛氏(SUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd.)の試み通り、エリア一帯を一つの大きなオフィスに見立て、これまでの型にはまった「Office」から一つレベル「Up」した空間を展開しました。

また、パーツや素材を紹介するゾーン「CREATIVE RESOURCE」では、建築家の芦沢啓治氏が監修した特別展示「アップサイクルって何?」を開催。アップサイクルという言葉だけが先行している今、改めてその可能性を考えるきっかけづくりとなるよう、5社のデザイナーによるそれぞれのアップサイクルアイテムを展示し、多くの来場者の関心を集めていました。


『IFFT/インテリア ライフスタイル リビング』 2019 来場者数 (速報値)

日付

11/20(水)

11/21(木)

11/22(金)

合計

天気

晴れ

晴れ

 

2019年 来場者数1

5,162名

5,540名

5,303名

16,005名

毎年注目を集めるトークショー「LIFESTYLE SALON 2019」では、ビジネスに役立つトレンド情報や著名人同士の対談が行われ、連日立ち見がでるほどの大盛況ぶりでした。(株)乃村工藝社と(株)星野リゾートによる対談「その土地らしい仕掛けがホテルや街を面白くする」では、OMO1号店「OMO7旭川」の立ち上げや多彩な仕掛けについての秘話が語られ、熱心にメモを取る聴講者の姿が多くありました。

『IFFT/インテリア ライフスタイル リビング』アワードの授賞式が初日に行われ、業界の名バイヤーにより選定される「Best Buyer's Choice」はタオンタ/三暁が選ばれ、トロフィーが授与されました。また、未来のインテリア・デザイン業界を担う若手に授与される「Young Designer Award」は今回特別に2名に贈られました。受賞者はKAMEHIKOWORKS 亀井紀彦氏と、Coloridas(コロリーダス) 山本康子氏です。お二人は副賞として、世界最大級の国際消費財見本市『アンビエンテ2020』に出展者として招待されます。


【Best Buyer's Choice 2019】

審査員:

IDÉE 家具MD 三嘴(みつはし)隆造氏

受賞者:

タオンタ/三暁

授与理由:

広島の鍛造錨(たんぞういかり)工場の廃業の危機を救ったことから生まれた、テーブルや椅子。職人の技術を海から自由空間に活かした取り組みに共感した。

受賞
コメント:

広島から思いを込めてモノづくりをしているので、評価されたことはシンプルに嬉しい。今後は家具以外の商品にもチャレンジし続けていきたい。



【Young Designer Award 2019】
(副賞:アンビエンテ出展)

審査員:

Messe Frankfurt Exhibition GmbH アンビエンテブランド総責任者 ニコレット・ナウマン

受賞者:

KAMEHIKOWORKS 亀井紀彦氏

授与理由:

軽石とプリザーブドフラワーの独創的な世界に、オリジナルの香りが加わった一品。繊細な手仕事で作られる商品だが、世界中の生花市場にマッチすると思う。

受賞
コメント:

日本初出展での受賞で大変うれしい。誕生して一年足らずの商品だが、アンビエンテでも多くの方に風景と香りが融合する世界を知ってもらいたい。

 

受賞者:

Coloridas(コロリーダス) 山本康子氏

授与理由:

ポルトガル語で「カラフル」を意味する同社が手掛けるビオジュエリーは、ブラジル奥地で栽培される「黄金の草」のアクセサリー。非常にユニークで繊細な職人の技術を感じる。

受賞
コメント:

ドイツはフェアトレード、サスティナブルが土壌にあるので、アンビエンテの出展は非常に楽しみ。これからもブラジルのいいものを日本風にアレンジして紹介していきたい。



■インテリア ライフスタイル(Interior Lifestyle Tokyo)
会期:2020年6月3日(水)-5日(金)
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
www.interior-lifestyle.com


■IFFT/インテリア ライフスタイル リビング(IFFT/Interior Lifestyle Living)
会期:2020年10月28日(水)-30日(金)
会場:東京ビッグサイト 南ホール
www.ifft-interiorlifestyleliving.com

 

■報道関係者からのお問合せ先
プレス担当:加来/柏木
Tel. 03-3262-8453 / press@japan.messefrankfurt.com / www.jp.messefrankfurt.com


メッセフランクフルトについて
メッセフランクフルトは、自社で国際見本市会場を保有し、年間売上高約7億1,800万ユーロを誇る、世界でも有数の見本市主催会社です。世界中に30の拠点を持ち、全体で2,500人*を超える従業員が働くメッセフランクフルトは、グループのネットワークを活かして各国間で連携を取りながら、見本市&イベント、地域性、サービスの3つの枠組みで、各地であらゆる産業界を牽引する見本市を開催しています。見本市運営だけでなく、デジタル事業にも注力しているほか、会場の貸出から、施工、マーケティング、スタッフサービスやケータリングまで、多角的に顧客企業のビジネスをサポートしています。メッセフランクフルトは、ドイツ・フランクフルトに本社を置き、同社株の60%をフランクフルト市、40%をヘッセン州が保有しています。より詳細な情報は公式ウェブサイトをご覧ください。www.messefrankfurt.com